タイトな格好をしたときにお腹の肉がズボンに乗って無理矢理履いている感がすごい

お腹のお肉が気になって、好きだったタイトな格好をせずに、体型隠しができるゆったりとした格好をしていた私。

産後、授乳も落ち着いて好きな格好で外出できるようになったときに、産前の服をきてみました。

お腹の肉もだいぶマシになっていたと思っていたので、『案外普通に着こなせるんじゃないかな〜』と安易な気持ちでした。

ところが実際に着てみると想像以上にパツパツで、自分でみていて悲しくなりました。

ズボンの上にはみ肉がのっているし、ウエストで閉めたら下っ腹も出ていて横から見たら数字の3のような形になっていて、一気におばさん体型になっているのに気が付きました。

そこから、体型隠しのためにゆったりとした服装をするようになりました。

骨盤矯正ショーツを使ってみたエピソード

体型隠しのためにゆったりとした服装をしていましたが、家族からの何気ない一言が忘れられません。

1つは上の子どもからの一言。

『お友達のママに比べて大きな服ばっかりだからなんかおばさんくさいし、ダサく見えるよ』とのこと。

また、2つ目は主人からの一言。

『ふんわりしたような服着てるけどそれ、余計に太って見えるよ』とのことでした。

分かってはいたけど、改めて言われてなんとかしなければと思い、履くだけで大丈夫な骨盤矯正ショーツを買うことにしました。

骨盤矯正ショーツのメリット・デメリット

実際に使ってみて分かった、感じた骨盤矯正ショーツのメリットやデメリットは

デメリット

・サイズ展開がわかりにくい
・セットものを買ったが組合せの表示が少なかった
・伸びてしまった

メリット

・セットだったので状況に合わせて使えた
・洗濯してもすぐに乾く
・値段も手頃だった

骨盤矯正ショーツを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

ぽっこりお腹がだいぶ解消されたのもあり、着られる洋服の幅が広がった事で服を着るのが楽しみになりました。

また、上のこどもからも『大きい服より今の服の方が可愛いよ。

お揃いの格好でお出かけしよう。

』と、子どもとも一緒におしゃれをしてお出かけをする機会が増えました。

また、洋服も体型を気にせずに選ぶことができるようになり、外見にも気を使うことが増えました。

お化粧や髪型も今までは、適当なままお出かけをすることが多かったのですが、しっかりと整えることで、自分にも自信がつくしこともあり、明るい気持ちで過ごすことができるようになりました。

また、最近は行かなくなっていた主人との買い物も再開し、こんな服装がいいよね。

など話す機会も増えて以前のようなコミュニケーションを取ることができるようになりました。

同じ悩みを持つ貴女へ

迷っているなら、まず履いてみましょう!子育て中だと、自分の好きな時間に好きなだけ運動をすることを続けるのは、なかなか難しい事だと思います。

やらなきゃな〜と思いながら、普段の生活で疲れてしまって自分のことに手が回らず、自分のことを後回しになってしまうことも多いと思います。

しかし、骨盤矯正ショーツはただ履くだけなので、気軽に始められるし履いたその日から見た目がスッキリするので、気分もよくなりハッピーに生活を送ることができるようになると思います。

おすすめの記事