産後、骨盤の歪みから腰痛が起きるようになったため

出産前は、定期的にヨガをしていたこともあり、体型管理・健康管理とともにできていたと思います。

それが、妊娠し徐々に腰痛が起こるようになりました。

腰痛は出産後も治るどころかさらにひどくなるようになりました。

おそらく骨盤が広がったり歪んだりしていることが原因だろうと、整体に何度か通いましたが、改善があまり感じられない上に、一回一回の施術が1万円近くかかるという高額だったために、これでは続けることができないと悩んでおりました。

そんなときに愛読していた子育て情報が掲載された雑誌で骨盤矯正ショーツが紹介されているのを見つけました。

これなら毎日続けるだけで手軽だし、初期投資のみですむと考え、購入にいたりました。

骨盤矯正ショーツを使ってみたエピソード

妊娠、出産を経て体型が変わり、骨盤の広がりや歪みを実感するようになりました。

そのせいで歩き方が少しガニ股になり、お尻も大きく見えるようになりました。

ある時私の後ろ姿を友人が写真に撮ってくれたのですが、その姿が美しくなく、恥ずかしくなりどうにかしなくてはと考え、骨盤矯正ショーツを購入するにいたりました。

骨盤矯正ショーツのメリット・デメリット

実際に使ってみて分かった、感じた骨盤矯正ショーツのメリットやデメリットは

デメリット

・ご飯を食べたあとには苦しく感じる
・慣れるまでは窮屈さがある
・外出時などトイレの時に少し大変

メリット

・手軽に始めることができる
・手入れが簡単
・おしゃれなものもある

骨盤矯正ショーツを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

骨盤矯正ショーツを購入したことで、まずは徐々に腰痛が改善されていきました。

ショーツによる引き締め効果も影響していると思いますが、タイトな下着を身に着けたり腰回りを圧迫することにより、お腹を引っ込めて姿勢よく歩くことが自然とできるようになったことも大きいと思います。

また、整体に通っていたときにはそれに予定や時間が制限されることもありましたが、骨盤矯正ショーツは下着と同じく身につけるだけなので、そのようなことがなく自由に時間を使えるようになりました。

これは、小さな子供を子育てする上でとても助かりました。

あるき方や姿勢を意識することで、体型も無理することなく徐々に以前のものに近づいていったように思います。

同じ悩みを持つ貴女へ

ますは骨盤矯正ショーツのお手入れのしやすさが大事だと思います。

骨盤矯正ショーツは毎日履くことが大切だと思うので、i毎日履いても洗濯が楽なように手洗いのみではなく洗濯機対応のタイプがおすすめです。

下着のパンツの上にガードルのように履くタイプがいいのか、下着いらずでそのまま下着として身につけることができる骨盤矯正ショーツをえらぶのか、これも普段からガードルを履くタイプなのかどうかで決めるのがいいと思います。

おすすめの記事