産後しばらくしてもお腹のポッコリが元に戻りませんでした

骨盤矯正ショーツを使う前は瘦せてスレンダーだった私。

学生時代も社会人になってからもいつも周りの人に「痩せてるね」「なんなら細すぎて心配」と太ることとは無縁でした。

特にダイエットをしなくても細い体形は維持出来ていたし、食事制限もしたことがありませんでした。

食べ放題も大好きで友達とよく食べに行きました。

ちょっと細すぎることが悩みでしたが、逆にどれだけ食べても太らないので、食べ歩きや大好きな甘いお菓子も好きなだけ食べてました。

食べることが好きな私には好きな時間に好きなだけ食べられるのでラッキーな体質だなくらいに軽く考えていました。

ところが産後、全く変わってしまいました。

いつまでもお腹がぽっこりとでたままです。

腕や足はまだほっそりしていたので、まだ妊娠してるのかとよく間違われるくらいでした。

骨盤矯正ショーツを使ってみたエピソード

産後数か月たって、友人数人とランチの約束をしたのですが、偶然私と同じ時期に妊娠・出産した友人がもう一人メンバーの中にいました。

私とその子の出産祝いのような形でのランチを計画してくれたようです。

ところがその時はまだ私のお腹はポッコリと出たままです。

当日はなるべく目立たない服装がいいと思いふわっとしたワンピースで行きました。

ランチ当日、出産間もない友人をみて私は驚きました。

妊娠前と全く変わらない彼女がそこにいたからです。

周りの友人も私と彼女を見比べているようで、居心地が悪く恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

それで初めてお腹をなんとかしたいと強く思うようになりました。

骨盤矯正ショーツのメリット・デメリット

実際に使ってみて分かった、感じた骨盤矯正ショーツのメリットやデメリットは

デメリット

・効果がすぐに実感できない
・自分に合うサイズか分からない
・着心地はよくない

メリット

・骨盤が閉まる実感がある
・履いてることで姿勢に意識がいく
・ホールド感がしっかりあるので食べすぎ防止になる

骨盤矯正ショーツを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

骨盤矯正ショーツを使うことで意識が変わりました。

これが最も大きかったと思います。

正直産後はまだ子どもも小さく手がかかるのでダイエットの食事メニューを考えたり、運動したりすることは難しかったです。

でも骨盤矯正ショーツを履いている間は体がダイエットモードに切り替わって、ぽっこりしたお腹がきゅっと引き締まる気がした自分の姿勢を常に意識するようになりました。

自然に顔が上向きになって、いつもはエスカレーターを使うところを階段に変えてたり、間食も控えるようになりました。

ダイエットのモチベーションを上げるのに一役買ってくれたと思います。

また骨盤も少しずつでも妊娠前に早く戻したくて、ショーツを履いて骨盤ヨガを始めたり、健康的な生活になっていきました。

同じ悩みを持つ貴女へ

自分にあったサイズを選ぶことが大切だと思います。

結構締め付け間があるので、きつすぎても辛いですし、緩すぎても履いてる意味がないと思います。

また履くことで骨盤の正しい位置を今までよりはっきりと意識できることがいいと思います。

効果がすぐに実感できるものではないと思いますが、骨盤矯正ショーツにプラスで自分の骨盤がどこにあるのか位置を意識して続けることが大切だと思います。

履くことで普段の姿勢や歩き方も変わるので、それがよりいい効果になると思っています。

おすすめの記事