全体的に下半身が上半身よりも大きくて、特にふくらはぎが太いのが悩みでした。

「大根脚と馬鹿にされた私」たまに人から、下半身の事を馬鹿にされるのが悩みでした。友人から「上半身は痩せてるのに、意外と太もも大きいね」と言われたり、親戚から「あれ、ちょっと脚痩せた方がいいんじゃないの」と心無い言葉を投げかけられた事もありました。特によく言われたのが「大根脚」という言葉で、言われるたびにひどく傷つきました。なんで見た目の事でこんなに傷つかなければならないのだろうと、悲しい気持ちになりました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

やはり脚が太いと自分でもコンプレックスだったので、水着やミニスカートやショートパンツなど、脚が目立つ服装を避けるようになりました。ファッションを思い切り楽しめない事がデメリットだと思います。例えばミニスカートをはくときは黒いレギンスも一緒に履いて少しでも細く見えるようにしたり、水着を着る時はレオパードを腰に巻いたりしましたが、そういう事を気にせずに思い切りファッションを楽しみたかったです。ファッションを楽しめない状況というのが一番つらいと思います。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

着圧レギンスは、特にエクササイズなどの必要はなく着ているだけで脚痩せできるので、手軽だという点に魅力を感じて使おうと思いました。インターネットの口コミサイトを見て、他の方のレビュー、口コミが良いものを選びました。あとは、長時間履いている方が効果が出るかと思ったので寝ている間でも使えるものを選びました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

着圧レギンスを使った後には、やはり明らかに脚がすっきりした感じがしました。見た目もふくらはぎが少なくとも1㎝は細くなったように見えました。むくみが取れるので、次の日には歩くのも脚が軽くなったように感じ、歩くのが楽しくなりました。また、買い物に長時間でかけて脚が疲れた時なども着圧レギンスを使うと疲れが取れました。健康面からみても、使って良かったと思いました。継続して使った後には、家族にもなんだか脚がすっきりしたねと嬉しい言葉を言われました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

デメリットは、皮膚に着圧レギンスがこすれてたまに痒くなったり赤くなってしまう事だと思います。長時間履かなければいけないので肌トラブルには気を付けながら使用しました。メリットは、足のむくみがとれて細くなること、疲れをとる事が出来る事などがあげられると思います。そして何より、ただ履くだけというお手軽さが一番のメリットだと思いました。

同じ悩みを持つ貴女へ

ふくらはぎや太ももが太いという悩みは、多くの女性が抱えていると思います。やはり、その悩みによってファッションを制限して、ミニスカートや足を出すような服装を避けている方も多いと思います。着圧レギンスによって自分に自信を持つことができるようになると前向きになれますし、色々なファッションを着てみようと明るい気分になれます。人になにか嫌なことを言われないかなという気持ちが解消されるので、日々の生活が楽しくなると思います。 

おすすめの記事