ぽっこりお腹とお腹の厚みが気になっていました。

後姿が四角だった私です。とにかく今まで何も気にせずに細い体形で維持できていたのが、40代に入り中年太り体系そのものになりました。食事と運動とは言ったものの中々続かず、着圧レギンスに踏み込みました。最初は履いているだけで体中の血流が止まるかぐらいのつらさもありましたが、慣れてくると少し物足りなくなるくらいまでに。しかしさほど効果も見られずに夏に突入。汗でトイレの脱ぎ着にイライラマックスになり断念。このパターンを繰り返す結果です。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

基本がポジティブな性格なので、悩みが原因でということはあまりありません。すべてをいい方向に考えるから、太りだした時も悩みというより、むしろお陰でぽっちゃりさんのお友達と共感できたり、今まで目にも止まらなかったものが、これいいね!と思えたりしました。ただ、太りだしてから大病を患い、太ることに全くいいことはないよね。という事を体も心も身に染みた経験をしました。しかしこれも全てが先につながるものとして、いろんな方に体験談を伝えていました。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

やはり、気になるところをいかに早く楽して細くしたいのひとつに限りました。選ぶ際のこだわりはそれほどなかったものの、やはり有名なブランドやSNSの情報にかじりつきました。結局大堂のライザップさんの着圧レギンスを使いましたが、夏が越せない感じでした。どの商品を購入してもこの暑さのレギンスは皆さんあるあるだと思います。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

着圧レギンスを使って悩みは私の場合さほど解消できなかったと思います。見た目は履いてるときは結構絞れているのでなんとなく細くなった気にもなりますが、脱ぐと解放感はすごくある半面、お肉ももとに戻る感覚もありますた。生活は変わるというか、常に体を意識して動いていたと思います。気が付けばストレッチをしたり、深呼吸と息を止めお腹に力を入れたり。効果も出ていたとは思いますが、すごいねという効果ではなかった気がします。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデミリットは、断然汗をかいたときにトイレに行くことです。とにかく脱げない上がらないのではけない!メリットは知らず知らずのうちにストレッチをしたり何かしらの効果を求めている自分がいることです。少しでもレギンス効果を増し増しにしたい気持ちが常にあったと思います。結果は履いてよかったと思います。

同じ悩みを持つ貴女へ

お腹がすっきりしたら、やはり皆さんも一番にしたいのはおしゃれですよね。好きな好みのファッションが幅広くチャレンジできることが何よりだと思います。気持ちのモチベ―ションは、はるかに違ってくるとも思います。何事にも簡単なこと、楽なことはないのは誰でもわかっていることですが、なんとかそこを乗り越えれば後は一気になりたい姿になるはずです。そのひとつの山を越えたいですよね。私も超えれないひとりですが、常に挑戦したいのはいつも思っています。 

おすすめの記事