ぽっこりお腹のせいでワンピースが着れない

「姿勢の悪かった私」もともと猫背なのがコンプレックスでした。姿勢の悪さか、骨盤の歪みか、単純に太ってしまったからなのか・・下っ腹のぽっこりお腹に悩んでいました。仕事柄、オフィスカジュアルな服装で出社しなければならず、綺麗めな服をきるのが億劫になっていました。特にワンピースで体のラインが出るようなお洋服だとお腹の部分が気になってしまい、どうにか改善できないかと思って着圧レギンスの購入を検討し始めました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

ぽっこりお腹がコンプレックスになり、自分の本来好きな洋服を着ることが億劫になりました。着たいと思える洋服がなくなり。休日はジーンスや体系が隠れる洋服を着てしまうことでさらにネガティブな気持ちになりました。このままぽっこりお腹の悩みが解決しなかったら、油断してどんどん太って体型が崩れていくような気がしました。年齢のこともあり、昔と違ってすぐ効果が出るように思えなかったので早めに対処すべきだと考えました。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

周りの友人や知人に相談し、着圧レギンスのことを知りました。ネットで調べてみるといろいろな種類のものがたくさんの会社から発売されており、大変驚きました。SNSなども参考に、主に口コミを見て候補を絞っていきました。選んだ商品のこだわりは、ぽっこりお腹の悩みも改善できるよう、ハイウエストでお腹もしっかりカバーできるものを選んだことです。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

着圧レギンスを使い始めて、自分の好きな洋服を着れるようになりました。しっかりと締め付けのあるレギンスを着用することでお腹のポッコリが気にならなくなり、ワンピースやタイトな洋服できれいな体のラインが出ました。また、お腹を意識することで姿勢が良くなり、お腹の根本的な悩みの解決にもなりました。仕事着はもちろん、休日出かける洋服を選ぶことが楽しくなり、買い物や外出も心から楽しめ、ポジティブな気持ちになれました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデメリットは締め付けです。慣れてくると気にならないのですが、着圧レギンスを着用したことのない当初は1日中締め付けられることに不快感があり、途中で脱いでしまうこともありました。着圧ということで着脱も容易ではなく、慣れるのに時間がかかりました。メリットは着用してすぐ効果が出て、目に見えることです。締め付けにより、着用時とそうではないときの足の細さや身体のラインが違います。

同じ悩みを持つ貴女へ

ぽっこりお腹が改善したら、もっと自分に自信が持てるような気がします。すでに着用して効果を感じており、以前よりポジティブな考えで行動できています。悩みがあるとついネガティブな気持ちになり、悪循環に陥ってしまいます。着圧レギンスは着用してすぐ効果をえられるので始めやすいと思います。ネットではさまざまな種類の商品があるので自分の悩みにあった物が見つかるはずですし、お値段もお手頃です。根本的な解決にはならない場合もあるので、並行して自分の努力も必要です。 

おすすめの記事