4人目を出産後下腹部のぽっこり感や太ももの内側の垂れ、脚のむくみを感じた。

授業参観など他のお母さんたちに久しぶりに会う時にあまりに自分のお尻が大きくて劣等感を感じた私。スカートを履きたいけど履けずダボっとしたパンツでどうにかごまかしたけれどパジャマのスパッツですらみっともないように感じていました。主人からもなんかおしり大きくなったねと笑われ産後太りを今までしたことがなかったのですごくショックでした。脚も元々長くないので余計に短く見えるし太ももの隙間がないとデニムすら履くのが嫌になっていました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

同じ年代の女性からの目が気になるのでブランドのお店を避けたりしていました。今の体型に合わせて新しい服を買うのも嫌なので妊婦の時の服を合わせてみたりしたけど余計に太って見えていやでした。放置していたら人目が気になることが増していき家から出ない生活になっていたと思います。また痩せたい引き締めたいと思えば思うほど間食してしまったり運動もやり始めようと思うけど続かず余計に自己嫌悪に陥りました。別に誰も見てないしと卑屈になった部分もあります。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

着圧レギンスを履くだけで日常生活を送るだけでもカロリー消費できたり引き締め効果があると知り購入しました。選ぶ際に注意したのは帝王切開後だったので傷口に縫い目が当たらないことでした。かゆくなってしまったりかぶれやすいので。股上が深いものを選ぶのも注意しました。着圧が強すぎても弱すぎても意味がなくなるので自分の脚へのフィット感も大切でした。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

引き締め効果が高くむくみが取れたので太ももの隙間が復活してくれました。骨盤も含む下半身全体が引き締まったのでおしりも小さくなったと思います。同時に多少の食事制限を含むダイエットもしていたので体重が落ちたこともありますが、脚のむくみがとれたのは自分の着たい服を好きに着られる、恥ずかしいなという気持ちが薄まったことが大きかったです。寝るときに履いてストレッチしても気持ちよかったです。朝方の腓返りも減ったように思います。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

メリットは履くだけで脚のむくみがとれたことです。適度な着圧によってなので自分の脚の太さや形に合ったものを見つけられればメリットは大きいです。デメリットは暑いことです。私はかぶれやすいので汗をかいたり敏感になる生理前は多少かゆみがでたりしました。真夏には履きたくないと思ってしまいますがクーラーの中寝る方は履いた方がいいと思います。

同じ悩みを持つ貴女へ

脚が太い 下半身デブだと嘆いている方がいたら一度ある程度の期間着用してみてほしいです。ただ履くだけなのに見た目が違って見えるようになります。脚が細く見えれば上をごまかせば全身細い人のようにも思えます。少しの努力で自信が生まれればさらにダイエットを頑張る意欲にもなります。誰かに褒められなくても自分が自分を認めてあげられるようになれば自然と周りにも気づかれるくらいの変化は生まれます。その第一歩として着圧レギンスを履くという選択があると思います。 

おすすめの記事