下半身がとても太く事務職のため浮腫みもひどい

下半身デブだった私は一日中座っていることも多く浮腫みもひどいかったです。ショートパンツを履きたくても太ももが食い込む。スケートを履きたくても、ふくらはぎの太さが気になる。スキニージーンズなんて履けば足全体の太さが強調されてしまい、洋服が好きでも体型のせいで着れない服も多かった。デニムはウエストで選べば太ももがパツパツで太ももが選べばウエストが緩くなるので、きれいなシルエットがでないのが悩みでした。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

足が太いのを隠すために自分の好きな洋服は着れず、地味で目立たない楽なゴムのロングスカートばかり履いていました。隠すことばかり考えたり、楽なことばかりしケアも怠っていたので、ウエストのくびれもなくなり、お尻は垂れ、足もどんどん太くなっていく一方でした。自分の恥ずかしいところは隠し自分に自信がもてないとこ、人の目に触れないとどんどん姿勢も悪くなり、猫背、巻き肩、そして骨盤まで歪んで放置したことで悪循環ばかりでした。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

SNSの投稿で、私と同じような体型の片が着圧レギンスで細くきれいな足になっているのを拝見して使おうと決心しました。選ぶときは、効果、着心地、洗濯やどのぐらい使用できるかなどを考慮し、それに見合った価格とどうかも重視しました。でも、一番は強い着圧なのに圧迫感あまりなく着続けられるかどうかをすごく調べました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

浮腫みがなくなり、足がすっきりし楽になりました。いまは自分の好きな服を着て堂々と歩けるので、姿勢も良くなり自信が持てるようになりました。そのおかげか骨盤の歪みも改善し少し腰痛もなくなりました。あとは巻肩も改善し肩凝りも以前ほどひどくないように感じます。足が軽くなると気持ちも軽くなり、色々なところへ自分の好きな服を着て、休みの時は出かけるという楽しみも増えて、生活が明るく元気になったと感じています。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデメリットは、やはりある程度の締め付け感はあります。しかし、それは浮腫みに効いているんだなぁという実感にもなります。あとは夏場は暑いです。蒸れます。デメリットもありますが、浮腫み知らずで足も姿勢も骨盤にも効くとなるとメリットのほうが多くなるのでデメリットは気にならなくなるというのが本音です。

同じ悩みを持つ貴女へ

自分のコンプレックスがなくなれば、自信がつき前向きになります。ネガティブは後ろ向きな考えが多くなり、悪い方向にいってしまうこともあると思います。少しの行動で少しでも自信がつけば未来が大きく変わるかもしれません。自分を変えたい今の自分に自信を持ちたい、今よりもっと笑顔になりたいと思っているなら、たった一つのアイテムを加えて見るだけで、未来が明るくなり笑顔で過ごす日々になるかもしれないと思ったら、一歩踏み出す勇気にもなるかもしれません。 

おすすめの記事