立ち仕事の時、たくさん歩いた時に足がだるすぎて眠れない。

立ち仕事や、旅行先でたくさん歩き回ったり、ライブで3時間立ちっぱなしだったり、あと最近では冷房の効きすぎた部屋にいると足がだるくなって、お風呂で温めたり、マッサージしたり、マッサージクッションを使ってもんだりしても解消されず、夜クッションを足の下に敷いたりして足を上げて寝たりするのですが、寝つきが悪く、眠りも浅い為に、起きた時もすっきり起きれず朝から足もだるく次の日の疲れが顔にもでるような感じだった私です。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

眠りが浅い為、疲れが次の日に残った感じがして、顔にも疲れが出ています。仕事に行くと、今日疲れてない?と言われる事もよくあり、その度に足のだるさのせいだなと自分ではわかっていますが、寝不足なんですと言っています。その日は仕事も辛く、足もだるい為、集中力にもかけて仕事に支障が出てしまいます。私は寝不足になると、頭痛もあるので、本当に仕事がつらいです。楽しい事の後にしんどい事があると嫌なのでなんとか回避したいと思います。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

旅行先で足がだるく、冷房が効いたホテルだったので、短パンで寝る事に抵抗がありました。そんな時にメディキュットを持って行けばいいんだと思い購入しました。最初はドラッグストアでお勧めされているものの中から選びました。でも類似品などはきついだけで履きにくいものもあり、履くときの苦痛から履かなくなったものもあります。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

履いた瞬間にまず足が楽になります。毎回寝るときに履くとぐっすり寝れるのです。朝起きた時のしんどさが全然違うので、なければ不安になるくらい愛用しています。冬は部屋着にするくらいお風呂からでたらすぐ履くようにしています。よく歩く日などはワンピースの下に履いたりしてお出かけにも使っています。それだけで足の疲れが全然違います。あとゴルフの時にも必ず履くようにしたら細く見えるのもありますし、足の疲れが全然違います。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

私は人よりかかとが飛び出しているので、履くときは少し困ります。あと足がMだと短いのですがLだとちょうどいいのですが、着圧が弱い気がします。ジャストサイズなのか少しわからないときがあります。メリットは何といっても夜ぐっすり寝れるようになった事と寝つきが良くなった、寝起きが良くなって足がだるくなくなった事です。

同じ悩みを持つ貴女へ

自分では寝れない、起きれないと思っている方がいたら、もしかして冷えや疲れから来てるのではありませんか。ふくらはぎは第二の心臓と言いますので、一度温めて寝てみてください。寝つきや、寝起きに変化があると思います。少し値段は高いかなと思うものでも、それ以上の体の楽さが手に入ると思います。私はこれがないと生活ができないくらいに使用しています。ぜひ使ってみてください。友達にも旅行先などでいつもお勧めしています。 

おすすめの記事