立ち仕事による足の浮腫で毎晩寝れない程辛い浮腫による足の太さが気になりだした

毎日長時間エアコンの効いた場所での立ち仕事でとにかく足の浮腫が酷く、仕事が終わると棒のようだった私の足。マッサージに行くも解消されるのはその日のみで、次の日からまた足が痛い…毎日マッサージに行く時間もお金も勿体ないと思い出したのが始まり。そもそも私は昔はそこまで浮腫むこともなくこの辛さとは無縁の生活をしていたのだが、妊娠を機に浮腫やすい体質に変わったようで、妊娠中、そし出産後も改善させることなくこのまま永遠に浮腫と戦わなければならないのかととても憂鬱だった。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

このまま浮腫を放置していると、益々足が太くなり、そのうち変な病気になって歩けなくなるんじゃないかと不安で仕方なかった。ただでさえ年々体重が増え昔の様なスタイルとは程遠く成長(悪い意味で)しているので、物は試しと言うことで購入してみた。毎晩主人に頼み倒して嫌々マッサージしてもらうというあの苦痛…下手に出てお願いする私に調子に乗って色々と交換条件を出してくる主人…その苦痛から逃れるために購入したというのもある。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

私はとにかく浮腫みやすい体質で、更に寒い場所での長時間の立ち仕事で自分でもなんとかしないとやばいという危機感があった。見た目の問題もだが、何より変な病気になるんじゃないかという不安。手始めにドラッグストアで安価に手に入るメディキュットの着圧レギンスを購入してみた。足の太さには自信があるので迷わずLサイズを購入。が、買ってみてビックリ!子供用か?というぐらい小さい、細い、キツそう!履く前から無理フラグだったけど、破れ覚悟でいざ着用してみた。結果、めちゃくちゃ気持ち良い…あんなに小さく細かったレギンスが頑張って頑張って無理やり足をねじ込むと、適度に着圧してくれて浮腫がなくなった感覚に。履く時と脱ぐ時はとにかく必死だが、少しずつ伸ばして一気にいかずゆっくり履いていくと良い。急いで履くときっと破れるから注意。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

まず、履いている時は足が浮腫んでいることを忘れるぐらい気持ち良い。痛くもなく、緩くもなく、ちょうど良い着圧加減で長時間履いていても辛くない。なので私は風呂上がりに履いて朝作業服に着替える直前まで履いている。前までは自分の足を足でさすって足枕をして寝ていたが、それをせずとも朝には足がスッキリしている。あれだけ悩んでいたのが嘘のよう。ドラッグストアでこのお値段、少し高い気がしなくもないが、それでこれだけの快適が得られると思うと安い。レギンスが無ければ私の足は象なようになっていたんじゃないかと思うと本当に買って良かったと思う。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

とにかく慣れるまでは履く作業が大変だということ。慣れた=伸びた じゃないかとも思えるが気持ち良さには変わりないのであまり考えないようにする。ただ、購入して約半年。明らかに伸びてる…そろそろ二代目に世代交代しようかと検討中。メリットは上げればキリがない程私にはとても良い商品だった。あれだけ辛かった浮腫から解放され、無駄に主人に媚びへつらってマッサージを頼み込むストレスからも解放、風呂上がりに履くだけというお手軽さ。

同じ悩みを持つ貴女へ

きっと私が今の仕事を続けている限り浮腫とはずっとこの先も付き合っていかなければならない悩みなので、きっと「浮腫まない」ことは望み薄だけれど、その日の疲れはその日のうちにリセットされると言う点においては私にとっては気持ちを前向きにしてくれるアイテムと言っても過言ではない。実際、浮腫の取れた足で仕事をすると気分的にもどこかリラックス出来ている気がする。これぐらいの金額だと世間一般の主婦だとちょっと買うの躊躇うけど試してみたい…という方が多いと思うので、物は試しで是非購入してみてほしい。 

おすすめの記事