上半身と下半身のバランスが悪く腰から下が広がって見える

むくみがひどく、一日中立っているとパンツがぱつぱつになってきつくなり、スタイルが悪く見えてなかなか思うようなおしゃれを楽しめなかった。夜になると足の重だるさがひどくなりマッサージをしてみたり、寝る時に足を上げて寝てみたりとストレスに感じて良い睡眠の妨げにもなっていました。パンツを選ぶ際もウエストに合わせて選べばその下が入らなかったりしてブカブカなウエストの物を選ぶしかなく、自分の好きなおしゃれを楽しめなかった私

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

パンツを選ぶときにウエストに合わせて着ると太ももが入らなく、太ももに合わせるとウエストがぶかぶかでバランスが悪く見えます。ベルトで締めても腰から下がぱつぱつなのでお尻の形や腿の張りがすごくて、とてもじゃないけどウエストインなんて出来ません。下半身が気になるのでどうしてもお尻まで隠せる物しか選べない状態でおしゃれをしようにも選べる服が決まってしまっていつも似たような格好になってしまいます。おしゃれを楽しめるスタイルに憧れます。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

下半身太りのほかに夕方になるとむくみもひどくなり、足のダルさもあったのでどうにかなればと思って使ってみました。一日中履くものなのであまり締め付けが強くなく汗をかいても蒸せない物がよく、肌にも優しい素材の物を選びました。もちろん履き替えの事も考えて数枚欲しいのでお値段的にもリーズナブルな物が良いと考えました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

とにかく足のむくみを気にする事が減り、今まで、一日中立ち仕事をした夜は、足の重だるさを感じることが多く足を上げて寝たりしていましたが、そうする事も少なくなって夜もぐっすり眠れるようになりました。今まできつくて履きづらかったパンツも前よりは形よく履けているように見えます。今まで挑戦しづらかった形のスリムなパンツも履いてみようかなと思わせてくれておしゃれを楽しんでみようという思いが強くなったような気がします。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

デメリットはどうしても蒸れが気になってしまう事と、お値段的に毎日の分を購入するのは難しいので履ける日と履けない日が出てしまう事、メリットは今まで悩んでいたむくみが少しは解消され、一日立ち仕事の時も足の重だるさが少なくなって夜も気にならないようになった事と前よりはスリムなパンツを履けるようになった事です。

同じ悩みを持つ貴女へ

とにかく今まで諦めていたおしゃれを楽しみたい。スタイルの良い人を見て自分には無理だと思っていたパンツを履いたり、むくみを一日中気にせず過ごせたり、帰ってからの足の重だるさが軽減出来たりと気持ち的にも余裕が出ると思います。今までむくみに悩んでいた人も使ってみて家に帰ってからの重だるさを少しでも軽減出来れば、夜もぐっすり眠れます。マッサージに使う時間も減り他の事に時間を使う事が出来て気持ち的にも余裕ができると思います。 

おすすめの記事