足が浮腫みやすくて自分のスタイルに自信が持てない

足が浮腫みやすく、夕方になると靴下の跡がくっきりと出てしまっていた私。また、ふくらはぎ、太もも、下腹部、お尻が全体的にムチムチでとても気になっており、「着圧レギンスならそれらが解決出来るのでは!」と思いました。SNSで見掛ける着圧レギンスを着用した写真は、ビフォーアフターの差が明らかで、着用後の写真は見るからに引き締まり、真っ直ぐなスラリとした足でとても興味を引かれていました。「どうにかして自分の足に自信をもちたい!」と悩んでいました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

私の悩みはとにかく夕方になると足が浮腫んでしまうことと、ふくらはぎ、太もも、下腹部及びお尻のムチムチでした。浮腫を放置すると、実際の足以上に見た目も太く見えてしまいますし、靴下の跡がくっきりと付いた足を見るのはとてもテンションが下がります。また、長年の骨盤のズレなどにより生じる歪みを放置していれば、ゆくゆくは膝や股関節にも影響が出るでしょうし、なにより「もっとスタイルが良くなりたい!」とも思っていました。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

着圧レギンスを使おうと思ったきっかけはSNSで良く見かける着用画像でした。それらの写真で着圧レギンスを着用している方はみなさんとてもスラリとしており、着圧レギンスの重要さを強く訴えていました。もはや「着用しない事が罪!」かのような気持ちになってきました。ただ、着用にあたっては、私の場合皮膚が弱かったので素材に注意し、口コミでも痒みなどが出やすくないかはチェックしました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

私が着圧レギンスを使って良かったなと思うことは、まずは意識が変わったことです。着圧レギンスを身に付けることで「努力している自分」を感じることが出来ましたし、それによって普段の生活の仕方にも影響が出てきたように感じました。着圧レギンスを着用したからといってすぐに足が細くなるわけでも、真っ直ぐになるわけではありませんが、「塵も積もれば山となる!」で普段の生活を意識できるようになることで、食生活や運動などにも良い影響が出たと思います。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデメリットとしてはまずは「着用することが大変!」という事です。足先から少しずつレギンスを伸ばしていって履くのですが、慣れるまではこれが大変な一苦労で、履き終わる頃には汗だくになっていました。メリットは、やはり夜着用することで浮腫が解消されることと、普段の生活の中での意識ができるようになることだと思います。

同じ悩みを持つ貴女へ

着圧レギンスを着用し続けることによって、もし足のラインがきれいになったら、スキニージーンズを自信をもって履きたいです。今までは自信をもって履けなかったスキニージーンズを、もし、自信をもって履くことが出来れば自分にも自信が持てるようになると思っています。着圧レギンスを着用したからといって、すぐに悩みが解決するわけではないと思いますが、着用することによって意識に変化が生まれ、努力を積み重ねることによって目標を達成できれば、「私にもできた!」と自分にももっと自信を持てるようになるのではと思います。 

おすすめの記事