スッキリ見えるズボンを着たくてもデブすぎてプロレスラーのような足になること。

「豚足過ぎた私」本当にこの商品を買うことによって足の太さが改善するのか分からなかったので使うかどうか迷っていました。購入したあとに初めて着たときは本当にキツすぎでスーパーに売ってるパンパンに膨らんだベーコンのような気分だったので「え、私足大丈夫なのか?」「血液止まんないかな?」と不安でした。着圧レギンスを購入したおかげで自分の足が凄く太いのを直接実感できたので、使用時は苦しいですが何事もないような顔をして使うことにしました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

足が太いと分かっていても実際にどのくらい太いのかはっきりしていないので、もし購入していなかったら永遠にプロレスラー並のたくましい足になると思います。足が重くて歩くのがしんどいため、家のソファーやベッドにゴロゴロして散歩や運動をしない日々を送っていると思います。あの時「現実から逃げずにちゃんと使っておけばよかった」と後悔してネガティブな発言ばかり言ってしまい全く自分の事を大切にしない人生を送っていると思います。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

ショッピングモール内にある化粧品コーナーの近くにちょうど着圧レギンスが並んでいるコーナーを見つけて「私も使ってみようかな?」と思ったのがきっかけでした。最初選ぶときは、日常生活で使える黒いタイプのものと、寝る前に着るタイプのものもあったのでどうしようかな?と迷いましたが、個人的にはどちらとも使いたかったので両方買いました。選ぶ時は、サイズを間違えないように慎重に選んでいました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

自分の足に対して凄くネガティブだったのがこのレギンスを使うことによって少しずつ細くなっている気がして少しずつ気持ちが前向きになっていきました。レギンスを着るだけでなくお風呂の中でリンパマッサージをしたり、You Tubeを見ながら足の筋トレをするようにもなったので見た目に対する美意識が上がるきっかけにもなりました。さらにちゃんと太っていることを自覚するようになったので積極的に運動するようになり1年かけて15kg痩せることに成功しました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

デメリットは、足が太すぎたのか圧がかかるレギンスなので装着時に「んんっ…」と少しめんどくさかったのは覚えています。少し気合いを入れて引っ張りながら装着しないといけなかったので毎回疲れていました。メリットは、強烈な圧のおかげで足が細く見えるのが凄く嬉しいことです。痩せているように見せてくれる最強アイテムなのでたくさん使いたくなります。

同じ悩みを持つ貴女へ

「私もあんなに細かったらな…」と周りの女の子達の足を見て辛い思いをしていませんか?「私の足は何をしても細くならないから無駄だ…」と諦めていませんか?着圧レギンスは一見ただのキツイ布だと一瞬思うかもしれませんが、自分の足の太さにコンプレックスを持っている方にオススメです。一度騙されたと思って3日間だけ試しに使ってみてください。着圧レギンスを使用することにより自分が着たかった服に挑戦してみたり、少しでも足が細くなったことで少しずつ自信がついてきます。諦めるのはまだもったいないのでぜひ購入して試してみてください。 

おすすめの記事