太ももが太く、自分の着たい服に手を出せない周りの友達と比べてしまっていた

私の周りにいる友達にスタイルのよい子が多く、常に友達と比べることが多かった。自分は特に下半身太りが気になっていたので日頃友達には「痩せたい」「太もも細くしたい」などの相談をしていた。友達には「全然太くないよ」「そのままで大丈夫でしょ」と返されることが多かった。ある夏、その友達と海に行く予定があり、4人で水着を着ていくことになった。海について実際にみんなで並んで歩いたときに、私だけ明らかに太ももが太くその日はそのことばかりが気になってしまい、まったく楽しめなかったし、写真を撮ることも嫌だった。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

自分の足が太い、スタイルに自信がないということで、仲のいい友達と出かけても楽しめなかったり、自分に自信がどんどんなくなっていった。「こんな足だからあのズボンははけないな」「今日はあの子と出かけるからなるべく体のラインが出ないようなゆったりした服にしよう」など、純粋に友達と会うことを楽しめなくなっていた。また、「こんな服に合わないだろうな」「どうせサイズ入らないだろうな」と買い物自体も楽しくなくなっていた。このスタイルの悩みを自分で解決しないとずっとお出かけも楽しめず、周りをうらやんで卑屈になっていくだけだと感じていた。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

ダイエットを始めて、特に足のストレッチやマッサージなど効果がありそうなものをネットで調べていた際、着圧レギンスのサイトに行き着いた。サイトを見ながら「履くだけで太ももを引き締めてくれるなんてすごい」「この着圧で脚痩せを効率的に目指せるかもしれない」と期待したことがきっかけ。選ぶ際には口コミを調べ、いい意見とよくない意見の両方をみてから自分で納得した上で購入をするようにした。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

太ももの太さが前より気にならなくなったし考える時間が減った太ももに隙間ができるようになって、服選びの幅が広がったし、買い物を楽しめるようになった友達とのお出かけも楽しめるようになったし、卑屈になることも減った友達から、脚痩せしたことやその努力を誉めてもらえて嬉しかったし更なるやる気に繋がったお風呂上りに太もものマッサージをしてからレギンスをはくというルーティンができ、今までよりも継続しやすくなった

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデメリットとしては、私の個人的意見としては、慣れるまでに時間を要した。かなり強い圧であることが売りではあったので、その点はわかっていた部分ではあったが、やはり着用に5分以上かかることもよくあった。特に夏場は暑いため、履くだけで汗をかいたり、スムーズにはけるまでは大変であった。メリットとしては、やはり引き締まるので鏡の前の自分のスタイルがよく見えてモチベーションの維持につながった。

同じ悩みを持つ貴女へ

まずは、自分の着たい服を着ておしゃれをしてやりたいことや場所にどんどん行けるようになると思う。何か行動しようというときに「でも…」と立ち止まることが減ると思う。また、自分に自信がつくので今の自分を好きでいられる幸せを感じられるだろうし、すべてのことに対して前向きになれると思う。ほかにも、努力が形になることで周りから認めてもらえたり褒めてもらえ、自己肯定感も上がっていく。それがさらなるやる気に繋がって行くと感じる。自分の努力をさらに形にしていくために着圧レギンスはおすすめだし、レギンス着用後に鏡の前で全身をチェックすると痩せた後のイメージが持ちやすくなると思う。 

おすすめの記事