お尻が大きく、パンツが入らないため引き締めたい

着圧レギンスの効果について半信半疑だった私ですが、お尻が小さく、引き締まることを夢見て試しました。

ただ夏の中で着圧レギンスを着用することやトイレに行く際など、めんどくささや暑さで着用を続けられるのかと不安になりました。

また、周りにバレると恥ずかしという思いもあり、なんとなく始められませんでした。

ただ広告などを見るうちに、嘘だという思いでとりあえず始めてみようと思い、着圧レギンスの着用を始めました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

パンツが入らず、流行りのファッションや好きな服を心置きなく楽しめないとネガティブになりました。

周りの細い子やモデルの方々を見て羨ましくなると同時に、自分はなぜ浮腫や下半身太りがひどいのかを考えれば考えるほど辛くなりました。

この悩みを放置したら、一生好きなファッションを楽しめず、自分に自信が持てなくなると思います。

また、ファッションやおしゃれに対し、興味が湧かなくなり可愛くなろうという思いも無くなってしまします。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

おしゃれを楽しみたい、好きな服を着たい、自分に自信を持ちたいがいちばんの理由です。

買い物やテレビなどで見る流行りのファッションなどを定期的にチェックし、きれるようになりたいと思いました。

周りの人も使っていたので、口コミを聞いたり、ネットで検索し効果がありそうなものを選ぶように心がけて、決断しました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

体型を気にせずに、着たい洋服や流行りのファッション、スリムな服をきれるようになったことが一番大きいです。

また、自分に自信が持てて、周りの人と積極的に話したり、買い物に行ってファッションについて語ったりするきっかけにもなったと感じています。

また、痩せようという気持ちも芽生えて、食事制限や運動へのやる気も上がり、着圧レギンスと規則正しい生活の一石二鳥の効果を得られるのではないか?とまで考えられるようになりました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのデメリットは、夏は暑くとにかくきついことです。

食事の際にもお腹がキツく感じることが多々あり、ストレスにも繋がります。

メリットとしては、とにかく着たい服を着れるようになることです。

流行のファッションや好きな服、憧れの服に手を伸ばせることはこれまでに感じられなかった喜びでもあるため、とても大きいです。

同じ悩みを持つ貴女へ

下半身太りという悩みが解決したらやりたいことは、一番はおしゃれを楽しみたいです。

自分の好きなファッションを楽しんだり、周りの人とおしゃれをして出かけたりしたいです。

それが一番の楽しみではないでしょうか?また、気持ちの変化として自分に自信が持てます。

一番のコンプレックスが解消されるってすごく生きる上で大きくないでしょうか?すっきりした気持ちで日常を送れるため、コンプレックスも解消されるし気持ちも晴れるので挑戦する価値はあります。

おすすめの記事