足が全体的に浮腫みやすく、疲れやすかった。

当時付き合っていた彼氏に、「なんか最近足ムチムチだね」と言われたのがきっかけ。

昔から痩せ体質で、一度も「太ってるね」と言われたこともなかったのであまり意識していなかったが、よく見たら足だけに肉がついていることに気づいた。

でもめんどくさがりやな部分もあり、マッサージとかストレッチも全然続かず、だらしない足になっていく一方。

姿勢もよくないため全身がむくみ体質になり、夕方は足がパンパンで疲れやすく、しんどかった。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

足がどんどん太り、そのまま足が太りやすい体質になり、なかなか戻りづらくなると思う。

また、骨盤もどんどん歪んでお尻の筋肉がなくなっていき、垂れていくと思う。

骨盤が歪むと腰痛にもなり、私は坐骨神経痛というものを発症して整形外科に通院もした。

下半身だけでなく、全身が疲れやすさやむくみ、太りやすくなる、体調不良なども起こりうると思う。

私はひどい時は足のむくみがひどくて歩くのが辛かったり、眠れなかったりする日もあった。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

マッサージが続かないので、痩せなくてもいいからとにかく簡単にむくみだけでも解消できればと思い、ネットで検索したところ、着圧レギンスを見つけて使おうと思った。

選ぶ際は、とにかく締め付けが強すぎないものを選んだ。

特に腹回りがきついと体調が悪くなりやすいので、そこも気にするようにした。

あとは太もものみのレギンスと、ふくらはぎまでのレギンスの二種類を購入し、使い分けるようにしている。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

デスクワークだが、姿勢がよくなって仕事中に足を組まなくなった→骨盤への負担が減って体が楽になった。

全体的にむくみ、疲れにくくなった。

履いている日と履いてない日は疲れ方が違うことを実感した。

食べすぎると苦しくなるので、食べ過ぎることがなくなった。

お尻が垂れていたが、きゅっと上がるようになり、着圧レギンスを履けば、今まで避けていたスキニーパンツも挑戦して履けるようになった。

あとは彼氏に「最近足細くなった?」と言われたことが何より嬉しかった。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

日によってかなり苦しい日もある。

物によるが、履くのにかなり時間がかかるものもある。

あと、夏は蒸して暑いので通気性のよいものでないとしんどい。

逆に冬は締め付けで血の巡りが悪くなるのか、足先が冷たくなることが多かった。

ただ、履いている日と履いていない日では雲泥の差があり、履いていればお腹周りも凹むし、むくみ、疲れ解消だけでなくちゃんと細くなることを実感した。

同じ悩みを持つ貴女へ

履けなかったズボンが履けるようになったり、足を出すことができるようになったりして、自分に自信がつくようになると思う。

あとはとにかく足がすっきり、楽で今までの苦労がなんだったのかと思うくらい。

もし足のむくみ、疲れやすさで悩んでいる人がいれば本当におすすめ。

姿勢もよくなるので、履いて悪くなることはほとんどないように思う。

ストレッチやマッサージなど、毎日行うことが苦手な三日坊主の人には特におすすめだと思う。

おすすめの記事