下半身が全体的に太く、筋肉量も脂肪もむくみも人並み以上で、入るズボンがない。

大学生の頃、憧れてたカフェにバイトとして雇ってもらえた。

だけど、下はズボンを履かなければならない。

そこで洋服屋さんに行ったけど、合うズボンがなく、仕方なくギリギリ入るものを買った。

バイト前にはしっかり脚のマッサージをして逆立ちをして、なんとかむくみを軽くすることでズボンを履けていた。

帰宅してズボンを脱ぐと、脚にズボン縫い目がくっきり赤く残って痛いこともあった。

出勤前に一仕事しているようで、むくみが本当に憎たらしかった。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

ケアのために時間ばかりがとられ、さらに洋服選びも楽しくなく、お出かけも人目が気になって億劫になってしまうと思う。

ゆったりしたガウチョパンツやスカートを履いても、たとえそれを気に入っていたとしても、そんなつもりはなくても、周りからまるで「体型カバー徹底している」と見られてしまうのではないかと心配。

「痩せれない意志の弱さ」というイメージを、ダイエットをしたことがない人は持ってしまうだろうし、そのイメージが先行して正当な評価を得られない気がする。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

見ず知らずの他人に心無いことを言われ笑われダイエットを決意した。

ただ、ダイエットを意識していない時間も、少しでも有効に活用できたらと思い着圧レギンスを使うようになった。

寝ている間に着用できる、運動を効率化できるなど、用途別に選ぶことに注意している。

また、履き替えに複数枚購入でき、破損で買い足して使用継続できる価格帯であることが重要だと思う。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

見た目を変えるという点では即効性もあって、使用者の体に合っていれば非常に優れていると思う。

すんなり履けなかったズボンも、着圧(着圧)レギンスの使用継続で履けるようになった。

マッサージや逆立ちの苦労が無くなったのは、私にとってはとても大きい。

また、ある程度の出費をしたことでダイエットにプレッシャーがかかり、食事や運動、体のケアについて考え直すきっかけとなった。

体重ばかり見ていたが、鏡の前に立つ頻度が増え、見た目を重視できるようになった気がする。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

使い始めの圧がとにかくすごかった。

履くだけでも大変だったし、脚が太いままのうちは股の破けが酷かった。

就寝時用でも、苦しくて脱いでしまうことも慣れるまでは多かった。

習慣化してからは、履いた瞬間に確かに見た目がスッキリするし、冷え対策くらい身近に思えるほど気にならなくなる。

また、猫背でいるとお腹の辺りが窮屈になるので、姿勢を正す意識付けにもなったと思う。

同じ悩みを持つ貴女へ

洋服選び基準の第1がサイズではなくなるのが理想。

お店で好きなデザインを見つけたら、履けなかった時の恥ずかしさなんて考えず、どんどん試着して自分のお気に入りの洋服を見つけてお洒落を楽しみたい。

ゆるっとした服を着ても、体のラインが見えた時に、「周りから体型カバーに一生懸命だと思われてるかも」なんて自虐的に考えずにいられたらもっといい。

お出かけも楽しいだろうし、近くに店舗のないブランドが気になっても、ネットショッピングで前のめりになれる。

着圧レギンスは、その人の体に合う合わないがある思う。

だけど、よっぽどの不快感がない限りは、ある程度の期間は継続して使ってみるのがいい。

破損で買い足し程度で別の種類を試したりして、自分に合ったものを見つけるのが重要だと思う。

SNSでレビューしている人も多いし、beforeが載っていたら、自分の体型や悩み近い人を参考にして最初の1枚を決めてみるといいかもしれないです。

おすすめの記事