下半身、特にふくらはぎに疲労が溜まりやすくむくみがとれない事が多くありました。

眠れなかった私仕事上立ち仕事が多く、また体を動かす時間も多かった為、日々下半身、特にふくらはぎの疲労感、そしてむくみには悩まされました。

最初は単純に疲れが溜まり、張りやむくみが気になる程度でしたが、徐々に悪化していき、痛みがひかなくなったり、夜中に毎日のように足が攣るようになりました。

その頃は毎日ベッドで横になった際に下半身からの痛みがじわじわと出てくる感覚があり、ようやく落ち着いて眠りにつけても深夜に足が攣る事で目が覚め、睡眠が浅く、睡眠時間も少なくなってしまいました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

夜眠りにつくまでに時間がかかるよあになり、また深夜にも起きてしまう事で睡眠不足に陥ってしまっておりました。

結果、足だけではなく全身の疲労感が抜けづらくなり、疲れを常に感じながら日々仕事を行うようになりました。

その後改善いたしましたが、そのまま継続していれば、集中力も低下して、仕事でミスをしてしまうこともある様に思われますし、何より体を壊す、もしくは睡眠不足が続く事で精神的にもダメージを受けてしまう事が考えられます。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

マッサージに行くことでやや改善はしましたが、継続的に行くことも困難なため、またセルフケアや入浴などによるケアは効果が薄かったため、継続可能で効果的な改善方法を探しており、その中で着圧レギンスを見つけました。

私の場合はふくらはぎの疲労、むくみがひどかった為、そちらの改善に特化したもの、また寝ている際に着用したかったため、睡眠時にも苦しさがなく着用できる物を探しました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

寝る前に着用することで、それまでベッドで横になった際に痛みがじわじわと出てくる感覚が改善され、痛みを感じることがなくなり、眠りに入るまでがかなりスムーズになりました。

また、深夜に足が攣る回数も減り、夜中に起きることも少なくなったため、朝までしっかり眠る事ができる日が増えました。

おかげで睡眠不足も解消され、朝の目覚めもよくなり、それまで感じていた疲労を引きずりながら生活している状態から解放されました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのメリットとしては着用するだけで良いという、何よりも手軽に使用できる点購入すればある程度は継続的に使用できるため、マッサージなどのどこかに行く、その都度費用が発生するものに比べ、継続しやすい点が挙げられます。

逆にデメリットとしては、その状態に慣れてくると、改善効果が薄くなってくる感覚があった点が挙げられます。

同じ悩みを持つ貴女へ

私は足の痛みやむくみにより、睡眠不足に陥りました。

疲労の改善には睡眠は不可欠ですが、その際は毎日のように深夜に足が攣る事で起こされ、徐々に眠る事に対しても不安を感じるようになりました。

着圧レギンスを使用する事で改善され、入眠までの時間も睡眠中に起こされることも減り、ゆっくり寝れたという感覚を得られた時には喜びと安心感を感じました。

着用するだけで改善されるのであればもう少し早く購入しておけばよかったと感じました。

ご検討中の方はまずは試してみることをおすすめします。

おすすめの記事