脚が浮腫みやすく、痛くなることもあったため。

立ち仕事が多く、基本的に午後には浮腫んでいる。

仕事中に痛くなることもあり、辛いときもあった。

パンツスーツやタイツを履いているとだんだんきつくなり、帰宅後脱ぐのが大変なときもある。

次の日の朝に浮腫みが取れていないこともあり、脚が重く仕事をするのもだるくなってきてしまうくらい。

休日も長時間遊ぶときは、あまり脚が見えない服を着ることが多くなった。

しかし自分の着たい服や仕事への支障から、少しでも改善されればと思い履き始めました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

脚の浮腫みが気になってからは、脚を隠す服を着ることが多くなった。

そのうちに身体全体の体型がカバーできる服が多くなり、体重が増えた原因にも繋がった。

運動をしようとしても、夕方には脚が浮腫んでしまうことによって運動をしたくなくなった。

脚が攣ってしまうことも多くなった。

仕事もこのまま続けていくことが苦になってくるだろうと思っていた。

休日は着たい服を着ることができず、おしゃれからはほど遠くなってしまうようになった。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

とにかく1日中仕事をしていることが辛くなってきたこと。

韓国アイドルが近年流行り始め、着たい服が変わったことがきっかけ。

脚を出すことに抵抗感があった。

諦めようと思っていたが、着圧レギンスがあることを知った。

運動を続けることが苦だし、ダイエットもなかなか続かない私でも、履くだけなら簡単にできるのでピッタリだと思った。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

着てみたかった服を着ることができるようになった自分に合う服の種類が増えた、スカートなども履けるようになった周りの目を気にすることなくいられるようになった年中ダイエットし、リバウンドを繰り返していたが、改善されたおしゃれをする意識をするようになった。

1日中仕事をしていても脚が浮腫まなくなった。

脚が攣ることも少なくなった。

体重の変化はそこまでないが、周りから痩せたと言われるようになった。

浮腫まないサプリなどを飲む必要がなくなった。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

友達におすすめをしたが、人によっては履いていると抵抗感があり続かないことがある。

暑いときにはあまり履きたくないたまに履いたことで疲れているときがあった。

運動などをしなくても、履くだけで改善されるからとても楽だった。

ダイエットをする必要がなくなった。

サプリなどではあまり改善しなかったが、着圧レギンスは履くだけでしっかり改善された。

同じ悩みを持つ貴女へ

とにかく自慢したくなるくらい自分の脚に自信が持てる着たい。

服が着れるようになる。

似合う服の種類が増える。

骨格診断などで自分に合う服にこだわる必要がなくなる。

ダイエットを年中することがなくなる。

ハードな運動を続けなくても改善する。

朝起きても脚も軽く、スッキリする仕事をしていても浮腫むことがなくなり、捗るようになった。

朝から仕事に行くことの辛さが改善された。

脚の浮腫みがなくなっただけなのに、周りから痩せたと思われるようになった。

おすすめの記事