立ち仕事で足が疲れやすく、次の朝まで疲れが残っている状態

今までに着圧レギンスを使ったことがないので、本当に効果があるのか疑問でした。

その上、お値段も数千円するような商品もあり、自分に見合った商品がどれなのかも悩みました。

ですが、立ち仕事で足が疲れる毎日で、どうしても解決したかったので着圧レギンスを使ってみたかったのです。

また、着圧レギンスを使っている者に相談して、効果について詳しく教えてもらいました。

結果自分も使ってみようかと思い、Amazonで購入しました。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

足のだるさで睡眠が取れず、休日の時までも疲れが残ってしまい、ストレスが溜まります。

私は車で長距離ドライブすることが好きなのですが、下半身の倦怠感の影響で何度も休憩を挟みながらドライブをしていました。

同乗者にまで迷惑をかけていると感じて少し罪悪感も抱いていました。

また、疲れが取れていないことも影響して、テンションが上がらないことも多く、プライベートでお出かけしているのにも関わらず同乗者に八つ当たりしてしまうようなことも多かったです。

それで、同乗者が不満に思うこともあったかと思います。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

使おうと思ったキッカケは、同居中の彼女が着圧レギンスを薦めてくれたからです。

レギンスと聞くと、どうしても「女性が使うもの」というイメージが強く、男性で使える着圧レギンスもあるのか心配でした。

ですが、Amazonで検索したところ、男性用の着圧レギンスがあったので、その商品を選びました。

注意した点は、サイズを間違わないように口コミをたくさん参考にしました。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

着圧レギンスを着用するようになり、足のむくみが解消され、疲れがよく取れるようになりました。

また、今まで足のだるさで睡眠が取れない日もありましたが、質の高い睡眠が取れるようになりました。

また、購入した着圧レギンスは着用しながら生活をすることができるので、趣味のドライブや仕事中にもレギンスを履いています。

ドライブも足のだるさが原因での休憩も少なくなり、趣味を思う存分楽しむことができるようになりました。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

デメリットは2点あります。

1点目が、「履きづらさ」です。

着圧レギンスはどうしてもキツめに作られるので履きづらいです。

2点目が、「サイズが分かりにくい」です。

着圧レギンスを購入するときに試しに履けるサービスは中々ないので、実際に履いてみないとわからないです。

次に、メリットも2点挙げます。

1点目が「疲れの取れやすさ」です。

ジャストサイズを選ぶことができれば、足のむくみや疲れを解消することができます。

2点目は「足が細くなる」です。

おそらく、むくみが取れて細く見えるのだとは思いますが、自分的には細くなったような気がします。

同じ悩みを持つ貴女へ

私の悩みは「足のだるさ」でした。

足がだるいだけで1日のやる気が削がれます。

朝起きる気力すら出ません。

ですが、着圧レギンスを使ってみて、だるさ改善に繋がれば、1日のスタートをスムーズに始めることができます。

また、足の調子が良くなると、仕事や趣味でのパフォーマンス向上にも繋がります。

もし、着圧レギンスを買うかどうか悩んでいるのなら、ぜひ試して欲しいと思います。

着用するだけで、アクティブになれるのでおすすめです。

おすすめの記事