外ももの張り・ヒップのたるみ・むくみが気になっていた

元々若いころは足が細くていいねと周りに言われていたが、歳をとるごとにたるむヒップ、裏もも。

ふくらはぎは比較的細いのでそこまで気にしていないが、何よりも気になっていたのが外ももの張り。

ジーンズをはくとでっぱる太もも。

恥ずかしくて着る服も悩むほど。

試着室でも家族の前で着替えるのが恥ずかしく、店員さんになんて見せることができなった。

そのため、あえてたるんだヒップと太ももの外はりを隠せるショートパンツ等をはいていた私。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

皆で自分たちの動画をプロジェクターで鑑賞をしていた時、動画に映る自分の姿を見て恥ずかしくなった。

身長も低いため余計に足も短く見え、外ももの張りが目立ちすぎて内容が全く頭に入ってこなかった。

自分より足はそこまで細くない気がする人も、外ももが張っているわけではないので、細長く見えた。

そのまま放置していたら、きっと今以上に着たい服も着れず、体系を隠す服装ばかり着て悪循環になっていたと思う。

また外に出るのも人に会うのも嫌になっていたのではないか。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

モデルさんたちが愛用していると聞いた。

色々なレギンスが出回っているが、一番こだわったのは着圧。

レビューを色々とみてビフォーアフターの写真や動画も検索しまくってどれだけ着圧が強いのか自分なりに検証した。

また、薄すぎても破けやすく、厚すぎても夏ははけない為、生地にもこだわった。

足だけを着圧するのではなく、ヒップも引き上げてくれるようなものを選んだ。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

朝起きるとむくみが取れていた。

2週間位継続してはき続けた結果、外ももが以前より目立たなくなった。

また着圧レギンスをはくことにより、自分自身の気持ちも引き締まり、運動しなくては、マッサージしなくてはというモチベーションを高めることへつながった。

昔は足が隠れるくらいのトップスを着ていたが、足を長く見せるためにもショート丈で足が見えるタイプのものを着る様になった。

ヒップも前より上がった気がする。

そのせいか前より足が長く見えるような気がする。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

1日中はいていた時はお腹も締め付けているため、お腹痛くなってしまった。

また、はくのに苦労する為、太ももまではいたときどうしても引っ張ってしまい、またの部分が破けてしまった。

夏にレギンスをはいたままいると汗で脱ぎにくい。

ただむくみが取れて足がすっきっりする為、はいていると逆に足が軽くなった気がして動きやすくなった。

同じ悩みを持つ貴女へ

着圧レギンスをはくだけでもむくみが取れて、内ももに隙間ができますが、それより着圧レギンスをはくことによって、意識が高まるため、他に痩せなくてはというモチベーションを高めることにつながると思います。

そのため、運動したり鏡の前で自分の体形をチェックしたりします。

自分のコンプレックスが少しでも改善されると、生活そのものに彩画でき、好きな服を着たり、好きなことに挑戦したりと見える景色、自分が変わってくると思います。

おすすめの記事