お腹がポッコリしてズボンを履くと余分なお肉が見えてしまうことです

着圧レギンスを使う前に今の体型とどのくらいかわるのか悩んだことがあります。

使ってみないとわからないのに心配性だった私は、これで自信を持ってワンランク下のサイズを履くことができそうです。

今のサイズは結構大き目のサイズですので、周りからしてみれば、がっしりとして見えているかと思います。

入院している時に手術前に着圧ソックスを履いたことがありますが、結構履くのが大変でしたので、それくらいの着圧があるとたるんでいた脂肪もすっきりと見せることができそうです。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

体に脂肪がついているので、ダイエットをしなければと思ってこんにゃくダイエットやバナナダイエットなどいろいろ試したのですが、なかなか痩せることができなかったのです。

そのまま放置していたら座って立つこともしにくくなり、膝にも負担がかかってきて、最悪の場合糖尿病になってしまいかねないです。

赤ちゃんの時デブデブでしたので、大人になった時に気を付けないとデブデブになると言われていたことが、本当のことになってきそうでしたので、食事には気を付けてます。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

着圧レギンスを使おうと思ったのは、すっきりとした感じに変わるので、余分な贅肉もなくなるので、周りからも痩せたんじゃないと言われたく使おうと思ったのです。

実際には痩せてないと思いますが、痩せている感じに見せることができるのが着圧レギンスだと思いますので、早く履いてみたい感じがします。

選ぶ際には、自分の体型に合った適切なサイズを選ぶことが大事だと思います。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

今まで履けなかったパンツも履けるようになりましたので、とてもうれしかったです。

周りからも以前と比べ物にならないくらい細くなったねと言われることも多くなったのです。

今までは何をするにもネガティブな発言しかできなかったのが、着圧レギンスを履いたことで、性格的にも変わった感じがしてポジティブに考えることができるようになったことです。

動きが機敏になったので、やっぱり痩た方が健康的な生活を送ることができると思います。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

着圧レギンスのメリットは、お腹がぽっこりしたのをスマートに見せることができることと、足の太ももの脂肪も着圧して引き締めてくれるのでむくみもなくなります。

お尻も引き締まったお尻でキュッと上がってますので、丸みのあるお尻になることができます。

デメリットは脱ぎ着するのに時間がかかることです。

普通のレギンスとは違い着圧性がありますので、はじめて履く時は感じがわからないのできつさを感じます。

同じ悩みを持つ貴女へ

動きにくかったのが姿勢もよくなり動きやすさを感じましたので、いろんなスポーツにチャレンジするという前向きな姿勢になったことです。

着圧レギンスを履くことによってお尻が垂れていた方、太もものぜい肉が気になる、お腹がぽっこりしていてネガティブさ多くなってましたが、履くことによってその悩みを解消させることができるので自信を持つことが大事です。

これから着圧レギンスを使おうと思っている方は、お店ですとサイズが売り切れだったりすることもありますので、ネットで検索して購入した方が自分のサイズに合ったものを使うことができます。

おすすめの記事