太ももがパンパンでショートパンツが履かなくなった

太ももが大木だった私。

もともと、上半身より下半身が太りやすい体質だったこともあり、太ももを中心に付いたぜい肉と立ち仕事でむくむくに浮腫んでしまう脚。

ショートパンツ好きで彼氏と出かける時は必ずと言っていいほど着用していた。

ある日、ショーパンを履いた時に「大木みたい」と彼氏に言われたのがショック過ぎて、ショーパンが履けなくなった。

何かしなくてはと考えてる時に出会ったのが着圧レギンスだった。

ストレッチやマッサージは正直続けるのがしんどかったので極力何もしなくていいものを探した。

悩みが原因で辛かったこと、また放置してると

大木(脚)のまま、ショートパンツを履き続ける事になり、正直恥ずかしい思いをするのは目に見えていた。

自分が履きたいものを片っ端から買い漁ってたこともあり、ショートパンツは色んなデザインのものを何枚も持っていたが、履いてるうちにマネキンと実際に自分が履いた時とでデザインが変わってしまい、「なんか、様子がおかしい、、、」となったことも何度かあった。

好きだけではどうにもならなくなってしまった。

その上、他人に指刺されるようなファッションはしたくなかった。

着圧レギンスを使ったきっかけと、選ぶ際のこだわりや注意

ストレッチやマッサージを毎日、毎日、続けるのは正直しんどかった。

ましてや、仕事中に浮腫んでいく足をどうにかするのはかなり難しかったので、履いてしまえばどうにかなるという着圧レギンスを使おうと思った。

着圧効果が期待できる、スパイラル構造と謳った商品や着圧や着圧と言った「圧」という言葉を使った商品には非常に惹かれた。

また、仕事中でも履いていられるような履きやすさにも注目して選んだ。

店舗で買う際には店員さんの足もみてた。

着圧レギンスを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

履いているだけで良いので出勤前に履いていれば、その日一日はかなり楽に浮腫が防げた。

仕事終わりでショートパンツが履きたい時にも足の浮腫みが気にならずに履けて嬉しかった。

朝からショートパンツが履きたい時でも前日の寝る前に履いておくことで翌日、かなり気持ちよくショートパンツが履けることができた。

誰かに痩せた?と言われる事も嬉しかったが、自分が思ったイメージのままショートパンツやほかの洋服が着れることが何よりも嬉しかった。

使って分かった着圧レギンスのデメリット、メリット

デメリット着圧力が強すぎて履くのにかなり時間がかかる事があった。

履きやすいと謳っていても、正直着圧の力で履いてるときに苦しい、と思うことはあった。

メリット履いてるだけでいいというのが本当に楽だった。

仕事中にストレッチなんかしてたらおかしな目で見られてしまうので見えないところで着圧されているのは本当にありがたかった。

同じ悩みを持つ貴女へ

太ももが痩せることで脚全体が細く見えるので、これからも美脚が維持できるように続けていきたい。

顔の可愛い、ブサイクは正直、化粧でなんとでもなるが、体型は嫌だなと思っても隠すことしかできない。

見せたいところは魅せるファッションがしたい人には是非使ってもらいたい。

したいファッションを体型や特に下半身太りで諦めている人がいたら、諦める前に使って、実感してみてほしい。

好きなファッションも好きな体型で楽しんで欲しい。

おすすめの記事